安全運転推進協会

全国対応
お問い合わせ・資料請求 0120-625-373
事故削減に役立つ情報

新着情報

2017/10/11お知らせ
秋の全国交通安全運動の事故結果

 秋の全国交通安全運動期間中(9月21~30日)に交通事故で死亡したのは昨年より9人少ない94人だったことが警察庁のまとめで3日までに分かった。記録がある1954年以降、秋の期間中の死者としては最少。

 94人の年齢別は、65歳以上が半数を超える52人で、15歳以下は1人だった。状態別では、歩行中が最も多い34人、次いで自動車乗車中の27人。

 都道府県別では東京と茨城が7人で最も多く、岩手と福岡が6人だった。死者ゼロだったのは青森、宮城、秋田、山形、石川、福井、奈良、鳥取、高知の9県。

 交通事故全体の発生件数は782件減の1万2837件、負傷者数は1192人減の1万5735人だった。〔共同〕

 日本経済新聞

次の記事へ

一覧へ

前の記事へ

お問い合わせ・資料請求 0120-625-373 メールフォームはこちら
事故削減に役立つ情報 メルマガ登録はこちら