事故なき社会株式会社

全国対応
お問い合わせ・資料請求 0120-625-373
事故削減に役立つ情報

よくあるご質問

研修全般について

人数が一人だけでも研修を受けることはできますか。

お一人様だけでも研修を受けることはできます。逆に受講人数の上限はなく、人数が多くなっても実施することは可能です。人数が多くなる場合は、受講日程の分散、対応カリキュラム内容の組み換え、変更などをご提案いたします。お気軽にご相談下さい。

土日祝日や夜間の研修は行っていますか。

研修は土日祝日も年中無休(年末・年始、GWを除く)で年間通して実施しています。また、9時から18時までが営業時間となっており、その営業時間内の研修は実施しています。

研修が始まる時間と終わる時間を教えて下さい。

朝は9時開始で終了は18時が基本となっています。開始時間や終了時間は、ご要望に応じて対応いたします。オーダーメイドコース、出張コースなどはお打ち合わせの上で時間設定をさせていただきます。

運転練習をさせたいのですが、普段扱う車両を持ち込んでの研修はできますか。

トラック、バイクなどの車両をお持ち込みいただいての研修も可能です。また、弊社で用意しております研修で使用可能な車両は下記の通りです。普通自動車(セダン、ミニバン)、中型自動車、大型自動車、スクーター(原付)、三輪スクーター、普通自動二輪車(400ccスクーターも有り)、大型自動二輪車

研修の視察や体験はできますか。

企業の担当者様向けに研修内容の説明や、教育カリキュラムの一部体験などをしていただける「交通安全教育セミナー」を定期的に開催しております。開催時期等はこのページ上(ニュース/パブリシティ)でもお知らせいたします。

昼食は準備してもらえますか。

ご希望の場合は弁当(別料金)を用意させていただきます。研修の予約時に必要数をお伝え下さい。弁当以外でも弊社施設の内外にお食事場所はあります。

まだ運転経験が浅く、マンツーマンで運転練習をさせたいのですができますか。

マンツーマンでの実技指導も行っています。又、数日に分けて実施するプログラムもございます。ご希望がありましたら、お気軽にご相談下さい。

研修時に必要なものはありますか。また、どのような服装で行ったらいいのですか。

受講者の方は、研修時に運転免許証と認印をお持ち下さい。また、服装は普段運転時に着用されているようなものであれば構いませんが、靴はヒールが低い靴をご準備下さい。二輪車の研修でお越しの方は、ヘルメット、長袖、長ズボンと手袋をご準備下さい。運転中に眼鏡が必要な方は忘れずにお持ち下さい。

たくさんの自動車学校がありますが、それぞれで教える内容に違いはあるのですか。"

他社のほとんどが教習指導の延長として一般論や法規に基づく指導が中心に行われるため、具多性・実践性に欠け、事故の減少に必ずしも結びついていません。当社は免許既得者に指導を行い「事故を0にすることが目的」の専門会社です。専門の知識を持った専門のインストラクターを揃えています。「企業の事故を0にするため」に、20年以上研究を続け、科学的な「KM理論」に基づき「誰でも優秀ドライバーになる教育プログラム」を構築・確立してきました。それにより、高い教育効果、つまり安全運転の浸透と、事故の削減が実現できています。

管理者への支援について

最近、社員が起こす交通事故が多く、何か対策をたてたいのですがどうしたらよいのかがわからないのですが。

若者の車離れが叫ばれて久しく、実地経験が浅いままだったり、また安全衝突回避システム(バックモニター含む)が搭載される車両が増えたものの、根本的な事故原因である、ヒューマンエラーによる事故は後を絶ちません。当社はそのような企業環境、事故内容等をヒアリングしてカリキュラムをオーダーメイドいたします。

安全運転管理者になったのですが、どれから手を付けて良いかわかりません。

案是管理責任者が責務からルール作りまでのアドバイスを行い、企業で取り組むべき、年間の安全対策のプログラムの作成から実施までお手伝いいたします。

安全運転マニュアルを作ってもらえますか

業務内容及び企業の安全指針に則った「安全運転マニュアル」を作成いたします。

講義・セミナーについて

北海道に来て講義してもらうことはできますか?

可能です。ご要望があればどちらでも伺います。昨年は沖縄で実施しました。

最少、最大人数は?

1名から可能な限り承ります。昨年は福岡国際会議場で1500名に対し講義を実施しました。

講義時間はどれくらいですか?

基本1時間30分となりますが、ご要望に合わせます。

自転車の安全運転教室はできますか?

可能です。最近は自転車走行のための法整備やインフラが整ってない状況もあり、事故が増える傾向にあります。当社では幼稚園から小・中・高校、大学、地域行政、企業まで幅広く実施しています。安全ルールの作成までお手伝いいたします。

検定・検査について

安全運転能力検定とはどのような検定ですか?

一般社団法人安全運転推進協会が運営する、受検者の安全運転能力を客観的に判定できる検定です。
詳しくは 一般社団法人安全運転推進協会サイト をご確認ください。

KM式運転適性助言検査のKMは何の略ですか?

(K)九州大学名誉教授の (M)松永勝也教授が唱える理論の略称です。
松永勝也教授のプロフィールをご確認ください。

パートナー制度について

弊社のサービスを、当社のパッケージ商品として取り扱いは可能ですか?

可能です。御社がお客様に提供されるサービスのコンテンツの一つとしてご活用ください。

クライアント企業様への同行営業は可能ですか?

可能です。事例紹介やヒアリングからプログラム作成までアドバイスいたします。

どのような会社と提携していますか?

大手の保険会社やリース会社から中小の会社まで多くの依頼を頂戴しています。

指定のカリキュラムを実施することは可能ですか?

可能です。全国定型のカリキュラムにも適宜対応いたします。

出張しての安全講話を実施することは可能ですか?

可能です。年間を通じて、実施しています。別途出張費を頂戴する場合がございます。

トラックの研修は可能ですか?

可能です。車両の持ち込みなど希望内容をお聞かせいただき対応いたします。

二輪バイクの研修は可能ですか?

可能です。車両の持ち込みなど希望内容をお聞かせいただき対応いたします。

どのような会社が研修を実施していますか?

白ナンバーから緑ナンバーまで承っています。業界は、製薬・食品・保守を中心で、タクシー業界からの依頼も多くなっています。いづれも社員の生命の安全を第一に、CSRや保険料削減などを様々な目的をお持ちです。

その他

万が一事故が起きた時の対応はどうなっていますか?

発生時はインストラクターが適切に対処いたします。尚、当社の教習車を使用する場合は加入している保険を、持ち込み車両や指定の社用車を使用する場合は、それぞれの車両で加入している保険を適用させていただきますので予めご了承ください。

お問い合わせ・資料請求 0120-625-373 メールフォームはこちら
事故削減に役立つ情報 メルマガ登録はこちら