安全運転推進協会

全国対応
お問い合わせ・資料請求 0120-625-373
事故削減に役立つ情報

事例紹介

改善
長崎県雲仙市にて安全運転講話を行いました。

長崎県の雲仙市にて公用車を運転される方々へ安全運転講習会を前年度に引き続き実施しました。

今回の開催は前回受講されていない職員様が対象となりました。

安全運転講義

イメージ

今回の講義では「最短距離で安全運転に近づくたった4つの方法」と題して安全運転に関する講義を行いました。

「KM理論」で上げらている交通事故の要因と、それに基づいた車間距離の取り方、交差点の通過方法などについて、動画や実験等を用いて参加者の方への教育を行いました。

去年に引き続き、受講される方々が実際に駐車する駐車場にて撮影した映像も講義の中で使用いたしました。

職員の方に普段の駐車との違いを感じて頂き、より普段の運転に注意を促しました。

頂いたコメント

イメージ

今回アンケートで頂いたコメントの一部をご紹介させて頂きます。

〇本能的な衝動が感覚としてあることを考え、運転したいと思います。

〇とても有意義な講義でした。事故防止につなげて行きます。

〇たくさんの事例等を通して、心理的なところから分りやすく、自分の行動を見直す時間となりました。ありがとうございました。

〇映像を使った講義で、説明だけの講義ではなかったので、わかりやすかったです。一時停止は100人中3人くらいしかしていないと聞いて
驚きましたし、私もできていない時がありますので、今後は完全にタイヤが止まった一時停止を心がけていきたいです。

〇一時停止、車間距離等簡単な考え方(考え方を変えただけ)で、安全が増すことを学んだ気がします。

〇人間の本能という面からの説明でとても興味深く勉強になりました。自分ではやっているつもりでも、できていない事もあると思うので気を
つけたいと思います。今日はありがとうございました。

〇出来ない前提で運転する事の大事さが理解できました。

〇事故防止について改めて再意識ができた。

 

【一部抜粋、順不同】

次の記事へ

一覧へ

お問い合わせ・資料請求 0120-625-373 メールフォームはこちら
事故削減に役立つ情報 メルマガ登録はこちら